<学生におすすめ>アルバイトでも税金は発生する

年収をコントロールする

親に扶養されている学生は、アルバイトをしすぎると扶養から外されてしまうので注意が必要だ。
一般的に130万円の壁と呼ばれているが、それ以上稼いでしまうとアルバイトだと言っても自分で社会保険を払わなければならなくなる。
また、103万円の壁というのも存在している。
これ以上稼いでしまうと所得税が発生し、自分で所得税を収めなければならないのである。
また、親の扶養からも外れるため、親の税金も上がることになる。
ただし、130万円以下で一定の条件をクリアしていれば「勤労学生控除」という優遇制度を利用することができる。
この制度を適用すれば、103万円を超えてしまっても130万円までは所得税を非課税にすることができる。
(詳しくはこちら⇒http://parttimework-taxmanual.com/preferential/deduction/

また、国民年金保険料などを自分で支払っている場合には、その分は控除に回すことができるのが基本だ。
つまり、支払う必要のある保険料を多く払っていくことができれば、課税年収額をコントロールすることも可能になるのだ。
たとえば、国民年金保険料なら、家族の分も支払うことができると法律に規定されている。
そしてその金額分も、税金の控除に使えるわけである。
働きすぎて、どうしても103万円や130万円の壁を超えてしまいそうなときには、家族分の保険料を自分で払って税金が発生せず、扶養も外れない範囲に課税所得の額を減らす工夫をしてみるといい。
国民年金保険料は将来分も2年までなら支払うことができるので、収入が大きくなりそうなら適度にコントロールしていくと、無駄な税金の発生を防げて便利だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TITLE

2017年5月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

TITLE

Tag Cloud